当院ではLine@からご予約・お問合せが出来ます。

Line@では、予約空き状況の確認、予約が取れる、予約の変更、お得な情報、さまざまな特典が受けられますのでぜひ、ご利用ください。

WEBフォームから受付けする

いますぐお電話する

むちうちなら成田富里接骨院

成田富里接骨院

ヘルニア

当院の矯正治療は医師監修の施術なので安心・安全・効果的!
悩みタイトル

  1. 冬の寒さやエアコンによる冷えにより、神経痛などが出やすくなります。
    特に手や足に出る痺れや痛みはヘルニアから起こっている場合もあります!
    こんなお悩みがある方はヘルニアの可能性があります。
    腰から臀部、足のほうに痺れや痛みがある
    歩いているとだんだん痛みが出てきて歩けなくなる
    前かがみになったときに痺れや痛みが出る
    腕や手に痺れや痛みが出る
    上を向いたときに手のほうに痛みや痺れが出る

    1つでも当てはまった方はヘルニアの可能性があるので診療を受けることをおすすめします!

  2. ヘルニアに対する当院の考え

    椎間板ヘルニアとは、背骨の頸部や腰部の椎骨と椎骨の間にある軟骨(椎間板)が変性し、組織の一部が軟骨の外に飛びだすことをいいます。 このとき、飛びだした椎間板の一部が付近にある神経を圧迫してしまうと、激しい痛みやしびれなどの症状を起こします。
    頸部椎間板ヘルニアはデスクワークなどで姿勢が悪く首に負担がかかる人、ラグビーや格闘技などコンタクトスポーツをしている人に多いです。

    腰椎椎間板ヘルニアは20〜40代に多いとされ、腰に負担のかかる働き盛りの人に多い疾患です。

    頸部、腰椎いずれも症状が重くなってしまうとお仕事がままならなくなったり日常生活に支障をきたしてしまい、また重傷化すると手術になったり後遺症として痺れが残ることもあるのでヘルニアは椎間板周りの筋肉を緩めるなどの予防と早めの治療が大切になります。

  3. ヘルニアを放っておくとどうなるのか

    椎間板ヘルニアは初期の状態で有れば下肢の違和感や軽い痛みや痺れが出る程度なのですが、状態が悪くなってくるとひどい痺れや痛み、歩けなくなるなどの状態になり、さらに重傷なものだと感覚の障害や異常反射などの症状も出てきます。
    軽いヘルニアであれば安静にして筋肉を緩めるなどして負担を軽減していれば椎間板から飛び出たヘルニアをマクロファージという細胞が勝手に修復してくれるのですが、重いヘルニアだと脊柱管狭窄症となり手術などで取り除く必要があるので非常に治療が困難になります。
    また手術しても痺れが残る可能性も高く、一生痺れと付き合っていくという方も少なくありません。
    早期に治療をすることで重傷化を抑えられたり早くに痛みを取り去ることが可能なので椎間板ヘルニアでは少し違和感を感じるくらいの時から治療を始めることが大切です。

  4. 当院のヘルニアに対する施術とは

    椎間板ヘルニアの改善のための当院の治療法はまず固くなってしまっている脊柱の周りの筋肉をマッサージでしっかりほぐして筋肉の機能を回復させ脊柱の圧迫を取り除くことを行います。
    また筋膜ストレッチというストレッチをすることで筋肉に柔軟性を持たせ筋肉の柔らかさを保つことも大事です。
    また椎間板ヘルニアは体の奥の方の脊柱に近いところの深い筋肉をほぐす必要があります。マッサージでは表面の筋肉はしっかりほぐれるのですが、深いところはほぐしにくいため深いところは鍼をするのがもっとも効果的です。全然良くならなかった痺れが鍼でとれたという話もよく聞くのでヘルニアには鍼は非常に効果があります。
    ヘルニアが軽度の場合、もしくはある程度治療して症状が軽減してきたら矯正を行い脊柱を正しい位置に戻すことが必要になります。
    脊柱は形が崩れてしまうと崩れた部分に大きな負荷がかかるため、その部分にヘルニアが発生してしまうことが多いので治療だけでなく予防としても矯正をすることは大切です。
    マッサージ、ストレッチ、鍼、矯正を行うことでヘルニアは大きく改善します。

  5. その施術を受けるとどう軽減するのか

    マッサージを受けることで脊柱の周りの筋肉がほぐれて脊柱からでる神経の圧迫を軽減することができます。
    またヘルニアで圧迫を受ける神経は体の深いところにあるので、表面からアプローチするマッサージよりも鍼で直接深いところをほぐした方が効果的にヘルニアの症状を軽減することができます。
    ヘルニアの症状が鍼で改善したケースは多くあるのでヘルニアにはおすすめの治療法です。
    また筋肉をほぐした後その柔らかさを保つのにストレッチが有効です。
    当院の筋膜ストレッチを行うことで、筋肉やその上の筋膜に柔軟性が出て
    神経の周りの筋肉を柔らかくして症状を軽くすることができます。
    症状が落ち着いてきたら矯正を行うことが大切です。脊柱にズレがあると脊柱の一部分にだけ負担がかかってヘルニアを起こしやすくなります。またズレた部分の筋肉は固くなりやすくなってしまうため、予防のためにも矯正の治療を取り入れることをおすすめします。

  6. 施術頻度はどのくらいか

    椎間板ヘルニアは症状によって頻度や治療期間が変わるのですが、初期の状態では毎日治療するのがベストです。痛みだけとるのであれば週3回以上で3ヶ月程で痛みは消失すると思います。
    やっかいなのが痺れやダルさで痺れなどはとるのにものすごく長い期間が必要になります。
    週3回くらいで半年〜1年症状の状態によってはそれ以上かかることもしばしばあります。
    この期間をなるべく短くするためにも鍼や矯正など効果の高い治療を多く取り入れることも大切です。

▲ページの先頭へ戻る

成田富里接骨院のご案内

【住所】〒286-0221 千葉県富里市七栄474−5 【電話】TEL:0476-37-3211

成田富里接骨院景観
受付時間 土・日・祝
9:00 ~ 12:30 × 8:00 ~12:30
15:00 ~ 20:30 × 15:00 ~ 17:00

定休日:火曜

当院までの地図

富里IC東交差点から車で5分

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

公津の杜、久能、御料、新中沢など広く地域の方にお越しいただいております。

お気軽にお問い合わせください
  • 富里ICから 車で5分!

    0476-37-3211

    電話予約できます!(受付時間内)

  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る